本質捕らえ/Trap Essence

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Trap Essence / 本質捕らえ (緑)(青)(赤)
インスタント

クリーチャー呪文1つと、クリーチャーを最大1体まで対象とする。その前者を打ち消す。その後者の上に+1/+1カウンターを2個置く。


クリーチャー呪文打ち消しながら、クリーチャーに+1/+1カウンターを乗せられるカウンター呪文

対戦相手展開を阻害しつつ、自軍のサイズアップを図ることができる。戦場に影響をもたらすことのできるカウンターは貴重なのだが、自分がクリーチャーをコントロールしていなければただの重い本質の散乱/Essence Scatterにすぎないし、この色の組み合わせは元々クリーチャーのサイズを頼みとしているのでサイズアップの意味もやや薄く、アドバンテージに直結するとは言いがたい。クリーチャーを展開するのを中心とするこの色ではソーサリー・タイミングの動きが基本となるため、3色3マナを構え続けるのも難しいだろう。龍爪のスーラク/Surrak Dragonclawなどの瞬速持ちクリーチャーと組み合わせて、相手の動きに合わせられるようデッキを構築したい。

  • 打ち消されないクリーチャー呪文を対象にすることも適正。どうしても+1/+1カウンターが欲しい時には選択肢になりうる。
  • クリーチャー呪文とクリーチャーのどちらも自分のものを対象にすることで、(カード・アドバンテージは失うものの)+1/+1カウンター置くタイミングをある程度任意に操作できる。マナ・クリーチャーなど、ゲームの中盤以降腐りがちなカードが手札にあるときに有効なテクニック。また、自分の打ち消されない呪文を対象にすれば、カード・アドバンテージの損失もおさえられる。

[編集] 参考

QR Code.gif