悪意ある噂/Vicious Rumors

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vicious Rumors / 悪意ある噂 (黒)
ソーサリー

悪意ある噂は各対戦相手にそれぞれ1点のダメージを与える。各対戦相手はそれぞれ、カードを1枚捨て、その後自分のライブラリーの一番上のカードを自分の墓地に置く。あなたは1点のライフを得る。


対戦相手から様々なリソースをわずかに削るソーサリー恐ろしき天啓/Horrifying Revelationに1点ドレインが追加されている、ほとんど上位互換

とは言え、1点のダメージと1枚のライブラリー破壊(と1点のライフ回復)の盤面への影響はほとんど無害に近い。従ってメインとなるのは手札破壊効果だろう。特定のカードを狙って抜き取るなら同じ1マナ強迫/Duress抜去/Divestのほうが優れており、相手に選択権が残るこれはあまり使いたくはない性能。ライブラリー破壊を勝利手段とするデッキや、ライフ回復シナジーがあるデッキでなければ活用は難しいだろう。効果は各対戦相手に及ぶので、多人数戦で使ってこそ真価を発揮するカードと言える。

ラヴニカの献身追加後は絢爛の種として利用可能になり、若干ながら立場が向上した。

リミテッドにおいては、序盤の内に唱えて敵の戦力を削ぐことができればひとまず仕事は果たせる。しかし終盤に手札を使い切ってトップデッキ勝負になった局面で引いてきた場合はかなり弱いカードなので、あまり多く採用するのも考え物。諜報探検でライブラリーに残したカードを引かせなくする利点がある反面、再活宿根という墓地利用メカニズムも存在するため、かえって不利になる可能性もある。対戦相手のデッキカラーを見てサイドボードに引っ込めることも検討しよう。

[編集] 参考

QR Code.gif