囁きの森の精霊/Whisperwood Elemental

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Whisperwood Elemental / 囁きの森の精霊 (3)(緑)(緑)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

あなたの終了ステップの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを予示する。(それを裏向きの状態で2/2クリーチャーとして戦場に出す。それがクリーチャー・カードであるなら、そのマナ・コストでいつでも表向きにしてよい。)
囁きの森の精霊を生け贄に捧げる:ターン終了時まで、あなたがコントロールする表向きの、トークンでないクリーチャーは「このクリーチャーが死亡したとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを予示する。」を得る。

4/4

ライブラリーの一番上カード予示する2種類の能力を持つクリーチャー

一つ目の誘発型能力により、自分のターン毎に2/2の戦力を追加することができる。出したターンの終了ステップにとりあえず1体出るので、カード・アドバンテージを得つつ一気に盤面を構築できる。防御要員としては言うまでもなく、攻撃要員としてもクロックとしての早さが単純に優秀である。

二つ目の起動型能力は、表向きのクリーチャーに能力を与えて、疑似的な除去耐性を与えるもの。ただし起動コストとして4/4のこれ自身を失う事になり、得られるのは2/2の予示クリーチャーであるため、最低でも2体、一つ目の誘発型能力を考えれば3~4体は出せる状態でなければ釣りあいが取れない。積極的に使用する機会はほとんど無いだろう。しかし全体除去対策としては有効である。特にマナ・クリーチャーから始まり、クリーチャーやトークンを毎ターンの様に展開し続ける事を目指すミッドレンジは全体除去に弱いため、十分に効果的な能力となるだろう。起動にマナが掛からないため、こちらの能力を見据えた際テンポを阻害しないのはありがたい。

またどちらの能力であれ、クリーチャーを予示できれば、後の更なる効果が見込める。ライブラリーの一番上を確認でき、また予示クリーチャーを表向きにするためのマナ基盤を供給するクルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphixとは相性が良い。あるいは頭巾被りのハイドラ/Hooded Hydraなど強力な変異誘発型能力を持つカードと組み合わせてもよいだろう。

これ単体では除去耐性も無く、5マナ4/4とマナレシオも高く無い点などが弱点と言える。終了ステップを迎える前に英雄の破滅/Hero's Downfallかき立てる炎/Stoke the Flamesなどのインスタント除去を合わせられると、置き土産を残せずテンポを失ってしまう。またトランプル回避能力到達などを持たない、いわゆる地上戦に特化したデザインである。デッキ構成や環境的に、これが5マナのカードに求められる仕事でなければ、他のカードを優先する事になるだろう。

登場直後より、スタンダード緑単信心デッキで活躍している。

  • 2番目の起動型能力は、解決時にあなたコントロールしていた、表向きかつトークンでないクリーチャーにのみ死亡誘発能力を与える。解決後にあなたのコントロール下になったクリーチャーや、解決後に表向きになったクリーチャーには影響を及ぼさない。

[編集] 参考

QR Code.gif