任務説明/Mission Briefing

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mission Briefing / 任務説明 (青)(青)
インスタント

諜報2を行い、その後あなたの墓地からインスタントかソーサリーであるカード1枚を選ぶ。このターン、あなたはそのカードを唱えてもよい。このターン、そのカードがあなたの墓地に置かれるなら、代わりにそれを追放する。(諜報2を行うとは、あなたのライブラリーの一番上からカードを2枚見て、そのうちの望む枚数をあなたの墓地に、残りをあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置くことである。)


墓地ソーサリーインスタント唱える事を可能にするインスタント。

対象を選ばず諜報で墓地に送ったカードを唱えてもいいので墓地対策に強く、勝負所ではトップデッキに期待して唱えることもあり得る。墓地のカードを選択肢に加えられる強さは瞬唱の魔道士/Snapcaster Mageが証明しているが、ダブルシンボルであるためマナ基盤を構築段階で意識していないと思うように唱えられないことも。

モダン以下のフォーマットでは瞬唱の魔道士の存在が大きすぎるが、「クリーチャー・カードではない」ことが重要になるエルドラージ変身オースのようなデッキでは採用される目もあるだろう。

リミテッドで採用する場合は諜報を生かす方向での採用になりがち。もちろん1マナインスタント1枚で勝負が分かれ得るフォーマットなので、軽量のインスタントやソーサリーを一定数確保できていれば狙えるに越したことはない。青黒ライブラリーアウトでは、下記の「代替コスト唱えることができる」という点を生かして書庫の罠/Archive Trapを使い回すために採用されることがある。

[編集] 参考

QR Code.gif