予言の炎語り/Prophetic Flamespeaker

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Prophetic Flamespeaker / 予言の炎語り (1)(赤)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

二段攻撃、トランプル
予言の炎語りがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。このターン、あなたはそれをプレイしてもよい。

1/3

紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromasterに続いて登場した、擬似的なドローエルキンの壷/Elkin Bottle能力)を行えるサボタージュ能力を持つクリーチャー知恵の蛇/Ophidianの広義の亜種と言える。

二段攻撃誘発型能力の組み合わせにより、攻撃通れば最高2枚のカード・アドバンテージを得られる。これは手札を増やす手段に乏しいにとっては破格の性能。追放したカードはそのターン中にプレイする必要があるため、軽いクリーチャーや火力呪文など、状況を選ばず唱えられるカードの多いデッキで使うのが望ましい。

P/T強化との相性は抜群で、能力を誘発させやすくなるだけでなく、打撃力も大幅に向上させることができる。巨大化/Giant Growth系の呪文は自身の能力でめくれると無駄になりやすいが、強化オーラや、クリーチャーとして唱えられる授与持ちや湧血持ちとは無理なく併用可能。スタンダードでは向こう見ずな技術/Madcap Skillsモーギスの軍用犬/Mogis's Warhoundゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampagerなどが候補に上がる。

テーロス・ブロック構築では赤単英雄的で採用された。

[編集] ルール

[編集] 参考

QR Code.gif