プロツアー予選

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

プロツアー予選/Pro Tour Qualifierとは、プロツアーの出場権を得るための予選大会のこと。PTQと略されることが多い。

目次

[編集] 概要

グランプリサイドイベントとして、世界各地で開催され、優勝者にはプロツアーへの参加権に加え、会場までの往復航空券が支給される。

デッキ登録が必須なことやルール適用度が高いことなどから、認定大会に慣れた中級〜上級者向けの大会に位置づけられている。

プレインズウォーカーポイントのイベント倍数は5倍。

[編集] 参加資格

該当プロツアーの参加資格を獲得していないプレイヤーであれば、原則として誰でも参加できる。

[編集] 変遷

  • 2006年のプロツアー・プラハ予選から「アマチュア賞」が設定されていたが、現在はなくなっている。
  • 2012年は1つのプロツアーに対し世界(Magic Online開催枠を除く)で約200行われ、日本開催枠は12であった。
  • 2013年の日本開催枠は13。前年より1枠増えた。
  • 2013年-2014シーズンのみ、優勝者には副賞として、プレインズウォーカーポイント1000点が与えられた。
  • 2014年のプロツアー開催数が年4回に拡充されることに伴い、年間プロツアー予選開催数も600→800になる旨がアナウンスされた。
    日本開催枠は年間を通して44。前年より5枠増えた。プロツアー開催数が前途の通り増えているため、プロツアー1回あたりの開催枠は11となる。(参考)
  • 参加プレイヤーの増大による店舗への負担を軽減するため、2015年からプロツアー予選は廃止され、店舗主催のプロツアー予備予選プロツアー地域予選の2段階に再編された。
  • 2017年2月(グランプリピッツバーグ17)以降、グランプリ2日目のサイドイベントとして復活。

[編集] 参考

QR Code.gif