啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
7行: 7行:
 
登場時の[[スタンダード]]では[[青白コントロール/スタンダード/ラヴニカへの回帰ブロック+テーロス・ブロック期|青白コントロール]]や[[青白黒コントロール#ラヴニカへの回帰ブロック+テーロス・ブロック期|エスパーコントロール]]が活躍しており、それらにとっては待望の占術[[土地]]と言える。
 
登場時の[[スタンダード]]では[[青白コントロール/スタンダード/ラヴニカへの回帰ブロック+テーロス・ブロック期|青白コントロール]]や[[青白黒コントロール#ラヴニカへの回帰ブロック+テーロス・ブロック期|エスパーコントロール]]が活躍しており、それらにとっては待望の占術[[土地]]と言える。
  
[[モダン]]においても[[タップイン]]を許容できる[[青白コントロール#モダン|青白コントロール]]や、占術の価値が高い[[むかつき#モダン|アドグレイス]]に数枚投入されることがある。[[緑白青コントロール#モダン|バントコントロール]]でも主力級の土地と言える。
+
[[モダン]]においても[[タップイン]]を許容できる[[青白コントロール#モダン|青白コントロール]]や、占術の価値が高い[[むかつき#モダン|アドグレイス]]に数枚投入されることがある。[[緑白青コントロール#モダン|バントコントロール]]でも主要な土地と言える。
  
 
*[[新ベナリア/New Benalia]]の[[上位互換]]。
 
*[[新ベナリア/New Benalia]]の[[上位互換]]。

2020年3月29日 (日) 16:24時点における最新版


Temple of Enlightenment / 啓蒙の神殿
土地

啓蒙の神殿はタップ状態で戦場に出る。
啓蒙の神殿が戦場に出たとき、占術1を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードをあなたのライブラリーの一番下に置いてもよい。)
(T):(白)か(青)を加える。


白青神殿

戦場に出るだけで占術1を行えるのは地味ながら優秀。また白青を含むデッキは低速のコントロールとなることが多く、タップインもある程度許容しやすい。

登場時のスタンダードでは青白コントロールエスパーコントロールが活躍しており、それらにとっては待望の占術土地と言える。

モダンにおいてもタップインを許容できる青白コントロールや、占術の価値が高いアドグレイスに数枚投入されることがある。バントコントロールでも主要な土地と言える。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

テーロス・ブロック初出の神殿サイクル。性能についての詳細は神殿の項を参照。基本セット2020では対抗色の5枚が、テーロス還魂記では友好色の5枚が再録された。

[編集] 参考

QR Code.gif