The Great Designer Search 3

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

The Great Designer Search 3(GDS3)は、2018年に行われたマジック:ザ・ギャザリング開発部のメンバーを公募するイベントの第3回。

目次

[編集] 概要

これまでのGDSと同じく、論述問題、選択問題、デザイン問題の予選を経て8人が選ばれる。

その後本選で5回の選考を行い各選考で一人が脱落し、最終的に残った3人で最終選考が行われる。

審査員はEli ShiffrinErik LauerMelissa DeToraMark Rosewaterが務め、各選考ごとにゲスト審査員が1人加えられる。

[編集] 予選

デザイン問題は、稀少度カード・タイプがばらけた2多色カード10種類をデザインするというものだった。

ゲスト審査員はEthan Fleischer

[編集] 本選1

部族を扱ったカードを8枚デザインするというもの。クリーチャー・タイプは各選手からリクエストを受け付けるが、各選手で個別のタイプを題目とする。

ゲスト審査員はAlexis Janson

[編集] 本選2

トップダウン・デザイン。サーカスをモチーフにした次元のセットを制作するという仮定で、用意された25種類のカード名から8つ選んでデザインするというもの。

ゲスト審査員はAaron Forsythe

[編集] 本選3

新メカニズム・デザイン。新規のキーワード能力能力語を使ったカードを8枚デザインするというもの。

ゲスト審査員は Jules Robins

[編集] 本選4

イラスト12種類とおおまかな指定を元に10枚のカードをデザインするというもの。

ゲスト審査員はJenna Helland

[編集] 本選5

既存のエキスパンション1種類を選び、それに収録されていてもおかしくないオリジナルのカードをブースターパック1パック分デザインするというもの。

ゲスト審査員はKen Nagle

[編集] 最終選考

本選を通過した3人のデザイナーがWotC本社に招待され、社内ツアーや開発部のスタッフとのミーティングのあと、最終選考が開始された。

最終選考は、闇の隆盛降霊術/Seanceが印刷前日に没になったという設定で、イラストとコレクター番号を流用し全く新しいカードをデザインするというもの。

最終選考を通過したのは、Ari Nieh。彼は半年間のマジックのデザイナーとしてのインターンシップ権と、ドミナリアプレミアムレア・アンカットシートを獲得した。

[編集] 公式特集ページ

本選参加者の各選考での結果ページ。

[編集] 参考

QR Code.gif