領事府の弾圧/Consulate Crackdown

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Consulate Crackdown / 領事府の弾圧 (3)(白)(白)
エンチャント

領事府の弾圧が戦場に出たとき、領事府の弾圧が戦場を離れるまで、対戦相手がコントロールするすべてのアーティファクトを追放する。


対戦相手アーティファクトをすべて押収してしまうエンチャント

呪禁破壊不能で守られていても関係なく根こそぎ取り除け、自軍の有するアーティファクトは一切損害を受けない為、アーティファクトデッキ同士の対決になりがちなカラデシュ・ブロック環境においてはサイドボード要因として戦況を大きく傾けうる強烈なメタカード。

一方で、飽くまで戦場を離れるまでの一時的擬似除去なので、これを除去されると追放していたアーティファクトが一斉に相手側に戻ってきてしまい逆に形勢を一気に引き戻される。新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulkの様な強力なETBを持つ相手に対しては逆にアドバンテージを提供してしまう結果となる可能性も高い。逆に、追放されたら戻ってこない調査コピーなどのアーティファクト・トークン戦略にとっては天敵。

環境唯一のアーティファクト全体除去とは言え、相手の非アーティファクトのクリーチャーを戦場に丸々残してしまう置物限定除去としては、5マナはかなり大振りで隙が大きい。しかし、登場時スタンダードにおける最軽量エンチャント除去である断片化/Fragmentize自然のままに/Natural Stateの守備範囲圏外のマナ・コストなのは、これ自体が除去される事態を何としても避けたい都合上重要な利点でもある。

  • 守護フェリダー/Felidar Guardianを用いれば、これを置いた後から出されたアーティファクトに対しても、効果を使い回して改めて全て追放しなおすことが可能。

[編集] ストーリー

霊気紛争注目のストーリーの1枚目。

領事府/The Consulateによって発明博覧会/Inventors' Fairの発明品は残らず押収された。さらに領事府は改革派/Renegade対策を名目に、霊気/Aetherの使用や夜間の外出を制限する緊急法令を公布し、ギラプール/Ghirapurから自由と活気が失われ始めた(イラスト[1]

「作業場はどこも静まり返っている。作品も奪われてしまった。領事府は、私たちの命を奪ったようなものだわ。」

[編集] 脚注

  1. In the Dead of Night/真夜中に(Magic Story 2016年11月30日 Alison Luhrs著)

[編集] 参考

QR Code.gif