追われる証人/Hunted Witness

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Hunted Witness / 追われる証人 (白)
クリーチャー — 人間(Human)

追われる証人が死亡したとき、絆魂を持つ白の1/1の兵士(Soldier)クリーチャー・トークンを1体生成する。

1/1

死亡すると絆魂持ち兵士が現場に駆けつけてくる、人間

マナ・コストパワーが1ずつ下がった薄暮の殉教者/Martyr of Duskであり、その下位種除去に巻き込まれてもクロックを残すことができ、2度もチャンプブロックを行えると、シンプルながら1マナクリーチャーとして優秀。教導の受け皿2体分として数えられるほか、召集役を減らすことなくブロックに回すことができるなど、絡みのメカニズムとの噛み合いも良好。

登場時のスタンダードでは、他の1マナ域とともに白ウィニーボロス・アグロの戦力となっている。

モダンでは宿命の旅人/Doomed Travelerとともに8枚体制を築くことができ、アリストクラッツのような多数の生け贄要員を必要とするデッキでの採用が考えられる。ツカタンのサリッド/Tukatongue Thallidと違いこちらはを散らす必要がなく、本体が人間であることも評価点。

リミテッドではサイズの小ささや終盤引いてきたときの弱さが気になるところだが、サンホームの重鎮/Sunhome Stalwartなどのパワー2教導持ちに繋ぐ布石としては悪くない。同じ1マナクリーチャーを採用するなら癒し手の鷹/Healer's Hawkを優先すべきだが、パワー1クリーチャーの頭数が不足気味なら採用してもよいだろう。

[編集] 参考

QR Code.gif