返報/Take Vengeance

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Take Vengeance / 返報 (1)(白)
ソーサリー

タップ状態のクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。


復讐/Vengeance と同じ効果マナ・コスト軽い上位互換カード名もよく似ている。なお更なる上位互換として、条件を満たせばインスタント・タイミング唱えられる迅速な報い/Swift Reckoningがある。

レンジストライク系の除去と比較すると、ソーサリーであるため最低でも一回は攻撃の機会を与えてしまう上に警戒持ちに干渉できないのが辛いが、タップ能力を持つ一部のシステムクリーチャーに手出し出来たり、こちらからタッパーで能動的に寝かせつつ除去できたりと、除去のしやすさでは勝る。エンチャントによる一時的な追放と比べても、相手がエンチャントに干渉してくる場合はこちらの方が確実。

リミテッドではの便利な除去枠。同じ白のコモンにある光明の縛め/Luminous Bondsとは、エンチャント対策の有無やシステムクリーチャーへの対応などで一長一短。構築ではタップさせるまでのタイムラグを解決してくれる領事の権限/Authority of the Consulsといった相方こそいるものの、ソーサリーであるため単独では即座に対処できないこと、ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominariaの+1能力で浮かせたマナを使えないこと、何より各種再燃するフェニックス/Rekindling Phoenixなど破壊では対処できない脅威が幅を利かせていることなど逆風が多いため、採用は厳しいか。

[編集] 参考

QR Code.gif