覚醒した融合体/Awakened Amalgam

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Awakened Amalgam / 覚醒した融合体 (4)
アーティファクト クリーチャー — ゴーレム(Golem)

覚醒した融合体のパワーとタフネスは、それぞれあなたがコントロールしていて名前が異なる土地の数に等しい。

*/*

名前が異なる土地の数」という変わったものを参照してサイズが変わるゴーレム

基本土地の名前も数えるので、土地さえあれば最低でも1/1にはなるだろう。4マナアーティファクト・クリーチャーであることを考えると3/3、できれば4/4以上のサイズになってもらいたいところ。単色デッキなら無色マナを生み出す土地を採用しやすく、多色デッキでは自然と多色地形を採用することになり、どちらにせよ意識してデッキ構築を行えばサイズを水増ししやすい。参照するものの性質上、一度サイズが大きくなった後は小さくなりにくいのも面白い。一方で、マナ・クリーチャーなど土地によらないマナ基盤を構築するデッキではあまり大きくなれないだろう。

黒き剣のダッコン/Dakkon Blackbladeなどには劣るものの理論上すさまじいサイズに膨れ上がるとはいえ、実際には回避能力除去耐性もないバニラ同然であり、4マナともなれば他にも始めから強力なクリーチャーは数多い。トークン墓地肥やしでサイズを稼ぎやすい他の参照クリーチャーと違い、土地は一気に数を増やす手段が少ないため、育つのにかなり時間がかかるのも足を引っ張る。同じ名前がダブらないようにデッキ内の土地全てを異なるカードにすればサイズを伸ばしやすくなるが、そうすればデッキ全体の安定性も落ちる。奇抜さはあり可能性も秘めているものの、評価が難しいカードである。

リミテッドにおいては、コモン基本でない土地が収録されているとはいえ基本的には2/2~3/3程度として数え、運が良ければ大きくなれるかも、と考えたほうがよいだろう。多色環境なのでデッキカラーを問わず採用できる点は評価できるが、レアだからといって初手ピックすべきかは疑問が残るところ。使うなら各基本土地を1枚ずつお守りとして入れておこう。

[編集] 参考

  1. Rivals of Ixalan Release Notes/『イクサランの相克』リリースノート(Feature 2018年1月5日)
QR Code.gif