薔薇棘の矛槍/Rosethorn Halberd

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rosethorn Halberd / 薔薇棘の矛槍 (緑)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

薔薇棘の矛槍が戦場に出たとき、あなたがコントロールしていて人間(Human)でないクリーチャー1体を対象とし、これをそれにつける。
装備しているクリーチャーは+2/+1の修整を受ける。
装備(5)((5):あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、これをそれにつける。装備はソーサリーとしてのみ行う。)


の小型装備品戦場に出たときに非人間クリーチャーに自動的につける能力を持つ。

有色アーティファクトというのもあるが、修整値は骨断ちの矛槍/Bonesplitterなどより優秀であり、それが(条件次第だが)タダで装備されてくれるのだから、テンポ・アドバンテージはなかなかのもの。しかしその代償として、通常の装備コストは5マナと非常に重い。装備品というよりはオーラのような使い方になりやすい。

リミテッドでは2ターン目に僻森の追跡者/Wildwood Trackerジンジャーブルート/Gingerbruteなどにつければ一気に押し切る展開へ持ち込める。装備コストの重さも、戦場に残っていれば嬉しい場面は多く、そこまで気にならない。むしろ気にすべき点は構築以前の段階、同じ緑にも人間は多くいるという事にある。いくらなんでもETBでのタダ装備が望めないようでは、採用の余地は無い。故に非人間シナジーの多いと絡ませたデッキでの採用が好ましいと言える。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エルドレインの王権コモン装備品サイクル。各に1枚ずつ存在する有色アーティファクト

[編集] 参考

QR Code.gif