継続する調査/Ongoing Investigation

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ongoing Investigation / 継続する調査 (1)(青)
エンチャント

あなたがコントロールする1体以上のクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、調査を行う。(「(2),このアーティファクトを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。」を持つ無色の手掛かり(Clue)アーティファクト・トークンを1つ生成する。)
(1)(緑),あなたの墓地からクリーチャー・カード1枚を追放する:調査を行う。あなたは2点のライフを得る。


名前通り調査を繰り返し行えるエンチャント

誘発型能力沿岸の海賊行為/Coastal Piracyの亜種。カード引くためにマナ支払う必要がある代わりに本体マナ・コスト軽い。軽い分早めに戦場に出すことができ、能力誘発する機会が多くなるのは利点。回避能力のあるクリーチャーと合わせて潜在的なアドバンテージを稼げる。

起動型能力は、墓地のクリーチャー・カードを追放して調査を行う。手掛かり能力起動コストと合わせても4マナごとに1枚引け、さらに2点のライフ回復もつく。クリーチャーを除去されてもドローに変換することでいずれは体勢を立て直すことができ、回復でそれまでの時間を稼げる。

どちらの能力にしてもクリーチャーが無いと機能しないので、クリーチャーを多めに入れたビートダウンクロック・パーミッションで息切れ防止兼除去対策として採用することになるだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イニストラードを覆う影に収録された、起動型能力コスト対抗色マナを要求するカードサイクル。いずれもアンコモン

[編集] 参考

QR Code.gif