絡みつく砂丘/Grasping Dunes

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Grasping Dunes / 絡みつく砂丘
土地 — 砂漠(Desert)

(T):(◇)を加える。
(1),(T),絡みつく砂丘を生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とし、それの上に-1/-1カウンターを1個置く。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。


生け贄に捧げることでクリーチャー-1/-1カウンターを置くことができる砂漠

タフネス1の小型クリーチャー、特に戦闘に出てこないシステムクリーチャーに対しては除去として使え、土地スロットでそれを実現できるのは便利。色マナは出ないがアンタップインなので、土地として最低限の性能は保持している点も評価点。しかし中型以上のクリーチャーに対しては一回り弱体化させるだけ留まり、土地を失うコストに対して効果は薄くなってしまう。採用するか否かは色事故のリスクと天秤にかけて慎重に選択したいところ。

リミテッド構築問わず、手放しで採用したいカードではないため、メタゲームや彼我のデッキの方向性によって適宜判断して使用したい。単色デッキや、土地や砂漠関連のシナジーを活かしたデッキ、毒物の侍臣、ハパチラ/Hapatra, Vizier of Poisonsなどの-1/-1カウンター関連のシナジーを活かしたデッキならば評価は上がる。

[編集] 参考

QR Code.gif