竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dragonskull Summit / 竜髑髏の山頂
土地

竜髑髏の山頂は、あなたが沼(Swamp)か山(Mountain)をコントロールしていないかぎり、タップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(黒)か(赤)を加える。


基本セット2010で登場した2色地形、通称M10ランド黒赤。特に無条件で黒マナ赤マナを生み出せるが、コントロールしていないとタップインしてしまう。

速攻系のビートダウン・デッキが多くなる色の組み合わせであり、その手のデッキではアンタップインできる利点が際立つが、できなかったときのリスクも大きい。特に黒赤ビートダウンアドバンテージより速度に特化していることが多く、出遅れたときの巻き返しが難しいため、そういう印象を強く受ける。マナ基盤を上手に調整して使いたい。

一方、黒赤を含むコントロール・デッキにおいては、黒いスーサイドカードや赤い全体火力カードで自分ライフも大きく消費することがあるため、ライフへのリスクなしに色マナを安定させられるのは嬉しい。

プレインズウォーカーであるアングラスが恐竜のことを「ドラゴン」と呼んだとき、それは一部の海賊たちに大受けした。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2010基本土地タイプを参照する2色地形サイクル、通称M10ランド。対応する基本土地タイプを持った土地をコントロールしていないと、タップインになる。いずれも基本セット2011基本セット2012基本セット2013イクサラン再録されている。

インベイジョンタップインデュアルランド上位互換である。また、基本土地タイプを参照するのでデュアルランドショックランドとの相性がいい。

[編集] 参考

QR Code.gif