神秘の炉/Mystic Forge

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mystic Forge / 神秘の炉 (4)
アーティファクト

あなたはいつでもあなたのライブラリーの一番上のカードを見てもよい。
あなたのライブラリーの一番上のカードがアーティファクト・カードか、無色であり土地でないカードであるなら、あなたはそれを唱えてもよい。
(T),1点のライフを支払う:あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。


アーティファクト無色未来予知/Future Sightといったアーティファクト。

アーティファクトで占められたデッキにおいては大きなアドバンテージ源となるカードであり、特に0マナのアーティファクトを多用するデッキとの相性は抜群。未来予知や実験の狂乱/Experimental Frenzyと違って土地プレイできないが、ライブラリーの一番上追放する起動型能力によってある程度補うことができる。

レガシーでは、ミシュラのガラクタ/Mishra's Bauble水蓮の花びら/Lotus Petalなどの0マナアーティファクトを多用するボンバーマンに採用される。

ヴィンテージでは、これを搭載したワークショップの派生デッキが生まれることとなった。デッキの40枚ほどがアーティファクトであるため、このカードが戦場に出たら止まらなくなる。

2019年8月30日(Magic Onlineでは8月26日)より、ヴィンテージ制限カードに指定される[1]。ワークショップに長期戦でのアドバンテージ性能を与え、攻略を難しくしていたため。

[編集] ルール

  • あなたが望むならいつでも(ただし後述する制限がある)あなたのライブラリーの一番上のカードを見ることができる。あなたに優先権がないときでもよい。この処理はスタックを用いない。そのカードが何であるかを知ることは、あなたがあなたの手札にあるカードを見ることができるのと同様に、あなたが利用できる情報の一部となる。
  • あなたのライブラリーの一番上のカードが、呪文唱えたり能力起動したりする間に変わるなら、あなたは、その呪文を唱えたり能力を起動したりする手順が終わるまで、新たな一番上のカードを見ることができない。つまり、あなたがあなたのライブラリーの一番上のカードを唱えるなら、その呪文のコスト支払い終えるまで、あなたは次のカードを見ることはできない。
  • あなたのライブラリーからカードを唱える場合も、通常のタイミングの許諾や制限に従わなければならない。
  • あなたは、ライブラリーの一番上から唱える呪文のコストを、追加コストを含めてすべて支払う。代替コストを支払ってもよい。
  • ライブラリーの一番上のカードが変異能力を持つなら、それが有色であったり土地であったりしても、それを裏向きで唱えることができる。それは呪文として示される前に変異能力により無色クリーチャー・カードとなる。

[編集] 脚注

  1. August 26, 2019 Banned and Restricted Announcement/2019年8月26日 禁止制限告知

[編集] 参考

QR Code.gif