大口縄/O-Kagachi

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

大口縄(おおかがち)/O-Kagachi神河ブロックのキャラクター。カードとしては統率者2017復讐の神、大口縄/O-Kagachi, Vengeful Kamiが初出。

目次

[編集] 解説

神河/Kamigawaにおける、現し世と隠り世(人間の世界と神の世界)を隔てる「世界の帳」を司る神/Kami。男性。凄まじく巨大な八ツ頭のの姿で顕現する(イラスト)。

今田剛史/Takeshi Kondaが「奪われし御物/That Which Was Taken」を隠り世から奪い取ったことが大口縄の怒りに触れ、神の乱/The Kami Warが始まった。奪われし御物は彼の娘だったのだ。

陽星/Yoseiの尾を食いちぎる、永岩城/Eiganjo Castleの精鋭達と武野/Takenoを死に至らしめるなど暴れまわったが、奪われし御物が返されたことによって隠り世に帰って行った。

  • 「口縄(くちなわ、本来は朽縄と書く)」はを意味し、「かがち」はホオズキを意味する。その姿、及び「かがち」という名前から、ヤマタノオロチをモチーフにしたものと考えられる。
  • その巨大さ、異常な力から、神河ブロックでは伝説のクリーチャーとしてのカード化はされなかった。それから約12年の時を経て、統率者2017でカード化された。

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

神河謀叛
最後の裁き/Final Judgment

[編集] イラストに登場

神河謀叛
最後の裁き/Final Judgment

[編集] 参考

QR Code.gif