狼乗りの鞍/Wolfrider's Saddle

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Wolfrider's Saddle / 狼乗りの鞍 (3)(緑)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

狼乗りの鞍が戦場に出たとき、緑の2/2の狼(Wolf)クリーチャー・トークンを1体生成し、その後狼乗りの鞍をそれにつける。
装備しているクリーチャーは、+1/+1の修整を受け、2体以上のクリーチャーによってはブロックされない。
装備(3)((3):あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、これをそれにつける。装備はソーサリーとしてのみ行う。)


ETBで2/2トークン生成して自動でつける、+1/+1の修整忍び寄る虎/Stalking Tiger回避能力が与えられる装備品

生体武器風の特性により、単体で4マナ3/3クリーチャー、つまり忍び寄る虎相当のカードとして扱える。低く見積もっても3マナの価値はあるので、装備品が1マナ以下で残ると考えればなかなかのコスト・パフォーマンス

ただ、肝心の装備品としての性能は装備コスト3に見合うかというといささか疑わしい。

リミテッドでは最低限の戦力になりつつ膠着状態を打破するカードとしてある程度有用だろう。トークンがなので、夜群れの伏兵/Nightpack Ambusherと揃えられるとなお良い。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2020アンコモン有色アーティファクトサイクル。3枚は装備品で、戦場に出たときにクリーチャートークン生成し、自身をそれにつける能力を持つ。

[編集] 参考

QR Code.gif