撹乱する群れ/Disrupting Shoal

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Disrupting Shoal / 撹乱する群れ (X)(青)(青)
インスタント — 秘儀(Arcane)

あなたは、撹乱する群れのマナ・コストを支払うのではなく、あなたの手札にある、点数で見たマナ・コストがXである青のカードを1枚、追放することを選んでもよい。
呪文1つを対象とする。その点数で見たマナ・コストがXである場合、それを打ち消す。


ピッチスペル呪文破/Spell Blast。常に対戦相手よりも多くのマナが必要であるため使いにくかった呪文破に、マナを必要としない代替コストが付いた。

Xと等しい点数で見たマナ・コスト呪文打ち消すため、他の「群れ」と違い、追放するカード重ければよいものではなく、使う場合はデッキ構築の段階でも気を配る必要がある。そういう意味ではピッチスペルとしてはやや使いにくいと言えるため、マナ・コスト支払って唱えることも常に考慮するべきだろう。

呪師コントロール等のパーミッションにはメインデッキからよく採用される。カードパワーは決して低くないため、忍者デッキサイドボードなどに使われた実績もあったようだ。

モダンでは精神壊しの罠/Mindbreak Trapおよび否定の契約/Pact of Negationこの世界にあらず/Not of This Worldと並ぶ数少ないタップアウトで使用できるカウンターであり、その中でも無条件に最序盤から使えるのはこのカードのみ。今後モダンの低マナ化が進行すれば、エターナルにおける意志の力/Force of Willのように存在感が高まる日が来るかもしれない。

  • 勘違いされやすいが、対象の呪文のコストとこの呪文のXが等しくなければ唱えられないわけではない。その呪文のコストとこの呪文のXが一致した場合に打ち消すという効果であり、これらが一致しなければ対象の呪文を打ち消さないというだけである。
  • 点数で見たマナ・コストが最大ののカードはちらつき蛾の注入/Blinkmoth Infusionである。とはいっても他に14マナのカードはないので、ちらつき蛾の注入かX呪文を打ち消す際にしか使えない。
  • かつては分割カードとの相性が良かった。分割カードのどちらかの半分のに青が含まれていれば代替コストとして利用でき、しかもXを2つのどちら(青が含まれない側でもよい)の点数で見たマナ・コストにも設定できたため。アモンケットでのルール変更により、追放するカードの色についてはルール変更前と挙動は変わらないが、点数で見たマナ・コストを自由には選択できなくなったため、若干弱体化したと言える。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

神河謀叛の群れサイクルマナ・コストXを含むピッチスペルであり、代替コストとして、同じ点数で見たマナ・コストがX点のカードを追放する。

[編集] 参考

QR Code.gif