拡大鏡/Magnifying Glass

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Magnifying Glass / 拡大鏡 (3)
アーティファクト

(T):(◇)を加える。
(4),(T):調査を行う。(「(2),このアーティファクトを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。」を持つ無色の手掛かり(Clue)アーティファクト・トークンを1つ生成する。)


調査ができるマナ・アーティファクト

ドロー能力手掛かり起動分も合わせると計6マナもかかってしまうので、ドローソースとしても余りにも重い。登場時のスタンダードにはマナ加速、後半のドローソースとしても優秀な面晶体の記録庫/Hedron Archiveが既に存在するので、デッキに採用するのなら継続的にアーティファクトトークンを出せることを生かしていきたい。

[編集] 参考

QR Code.gif