安楽死/Mercy Killing

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mercy Killing / 安楽死 (2)(緑/白)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。そのクリーチャーのコントローラーは、それを生け贄に捧げ、その後、緑であり白である1/1のエルフ(Elf)・戦士(Warrior)クリーチャー・トークンをX体生成する。Xはそのクリーチャーのパワーである。


混成である除去呪文外身の交換/Crib Swapなどの白ではよく見られるクリーチャートークンの変換の一種。

トークンの数がパワーに依存するため、当面の脅威を排除しても多数のトークンを残してしまう可能性ができ、一見使いにくく見える。しかし、パワーの低いシステムクリーチャーは逆に後腐れなく除去できる。包囲の搭、ドラン/Doran, the Siege Towerなどは格好の的。また、緑からすればここまで制限を受けずにクリーチャーを排除できる呪文は珍しく、貴重な1枚。

パワーの数だけトークンが出てくるのを逆手に取り、死にそうになっている自分のクリーチャーに向けて撃つ手段もある。栄光の頌歌/Glorious Anthemなどの全体強化と併用すれば逆に攻撃の手がより強くなることも。出てくるトークンがエルフであり、このような特性を多方面に活かせる親和エルフでの投入ケースが見られる。

[編集] 参考

QR Code.gif