執拗な探求/Relentless Pursuit

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Relentless Pursuit / 執拗な探求 (2)(緑)
ソーサリー

あなたのライブラリーの一番上からカードを4枚公開する。あなたは、その中からクリーチャー・カード1枚か土地カード1枚かその両方をあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたの墓地に置く。


衝動ドロー呪文ガルガンチュアンの贈り物/Gift of the Gargantuanが、選ばなかったカードをライブラリーの一番下ではなく墓地に置くようになった。

3マナソーサリーと若干取り回しは悪いが、クリーチャー土地の両方を手札に加えられるため、上手く行けばハンド・アドバンテージを得られる。また、選ばなかったカード墓地に置かれるため、脱出を始めとする各種墓地利用カードとも好相性。リミテッドではドロー兼墓地肥やし手段として役立つ一枚。

構築でも墓地利用に重点を置くデッキで採用されうるが、登場時のスタンダードには伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales苦悶の侍祭/Acolyte of Afflictionなどといった優秀な多色カードが存在するのが逆風か。

[編集] ストーリー

テーロス還魂記注目のストーリーの3枚目。

運命のクローティス/Klothysは、エルズペス/Elspeth死の国/The Underworldからの脱出を阻止すべく、ケイリクス/Calixを創造した。ケイリクスは追跡の達人であり、エルズペスを執拗に追い、彼女と何度も対決した(イラスト[1][2]

  • 日本語版のフレイバー・テキストは適切な訳とは言えない。ケイリクスは生まれながらにエルズペスと対立する存在であり、このfollowは「付き従う」ではなく「追う」の意味で訳すべきだろう。
Calix was patient, steadily following Elspeth until their destined confrontation.
ケイリクスは辛抱強く確実にエルズペスに付き従った。二人に運命的な対立が訪れるまでは。

[編集] 脚注

  1. The Theros Beyond Death Story on Cards/『テーロス還魂記』ストーリーカード(Feature 2019年12月16日 Wizards of the Coast著)
  2. Theros Beyond Death Story Summary/『テーロス還魂記』物語概要(Feature 2020年1月10日 Wizards of the Coast著)

[編集] 参考

QR Code.gif