名誉あるハイドラ/Honored Hydra

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Honored Hydra / 名誉あるハイドラ (5)(緑)
クリーチャー — 蛇(Snake) ハイドラ(Hydra)

トランプル
不朽(3)(緑)((3)(緑),あなたの墓地からこのカードを追放する:マナ・コストと不朽を持たない白のゾンビ(Zombie)・蛇(Snake)・ハイドラ(Hydra)であることを除き、これのコピーであるトークンを1体生成する。名誉あるハイドラはソーサリーとしてのみ行う。)

6/6

WHISPERのテキストには誤りがあります。注釈文の「名誉あるハイドラはソーサリーとしてのみ行う」は「不朽はソーサリーとしてのみ行う」と読み替えて下さい。

正規のマナ・コストよりも軽い不朽コストを持つ、大型ハイドラトランプルも持つ。

普通に唱えて6/6、墓地からも6/6と、P/Tや再利用のコスト・性質などが往年のワームの咆哮/Roar of the Wurmを彷彿とさせる。カード・タイプや、1枚から2体を出してボード・アドバンテージを稼ぐ使い方はできないといった違いはあるものの、素出しが1マナ軽くなった上に突破力まで獲得しており、単体での扱いやすさは概ね向上している。単純な除去1枚では対処されにくく、サイズも相俟ってしっかりと脅威になってくれる。

ワームの咆哮同様、基本的に墓地からの使用になるだろう。幸いにも登場時点のスタンダード環境では、首絞め/Noose Constrictorといった共鳴者残忍な剥ぎ取り/Grim Flayerロナスの施し/Benefaction of Rhonasなど、相性のいい墓地肥やし手段に恵まれている。昂揚ギミックや墓地利用を取り入れたデッキならとても使いやすく、然るべきデッキであれば4ターン程度で素早くトークンを呼び出すことも難しくないだろう。色拘束の薄さもありがたいところ。もっとも墓地から唱えた場合、環境の筆頭除去である致命的な一押し/Fatal Pushには容易に対処されてしまうことを念頭に置きたい。普通に唱えることも視野に入れ、ある程度マナが伸びるデッキに入れるのが適当だろう。

マナが伸びやすく、除去の乏しいリミテッドでは強力なボム。複数体のブロックによる相打ちも恐れず突っ込んでいけるため、文句なしに強力である。不朽持ちを1枚で対処可能な最後の報賞/Final Rewardコモン枠にあるものの、それを差し置いてもフィニッシャーとして不足ない。

神々にもペットがいる。

[編集] 参考

QR Code.gif