ワイルドファイア/Wildfire

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ワイルドファイア/Wildfireミラージュ・ブロックで登場した次元/Plane。後にプレインチェイス次元タイプの1種に選ばれる。

目次

[編集] 解説

ジンイフリートが住む、炎と溶岩の世界。噴火する火山からは溶岩が流れ、海はうねるマグマであり、アラビア風宮殿や塔が建てられている。ナー島/Naar Isleという島国が知られる。(各種イラスト:カリフの宮殿から臨む火山ナー島と領主ナー島と溶岩の海

ワイルドファイアはジンとイフリートが統治しており、この世界のために献身的に働く魔術師組織がエンバーワイルド/Emberwildeである。エンバーワイルドに属する燃えさし魔道士/Embermageには、ジンやイフリートとは異なる種族も含まれる。

この次元はラバイア/Rabiahドミナリア/Dominariaと繋がりがある。ワイルドファイアの密使や大臣(Emissaries or viziers)は、ラバイアやボガーダン/Bogardanスークアタ/Suq'Ataに姿を見せている。

[編集] エピソード

小説Champion's Trialにおいて、マダラ帝国/Madaran Empireの皇帝ニコル・ボーラス/Nicol Bolasは摂政Ramses Overdark(ラムセス・オーヴァーダーク)を連れてワイルドファイアを訪問している。

そこは周囲が炎に包まれ、火柱が上がり、深紅の空に灰が数千尋(1尋(ひろ)=6フィート≒1.8m)の層となって舞い、大気からは有害な匂いがした。ラムセスは、今まで訪れた魔界(demonic realms)を焚火(campfire)とすれば、ここは業火(inferno)だと感想を抱いた。

  • 作中で次元の名称は出てこないが、Scott McGoughはファンの質問に答えてワイルドファイアだと明かしている。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

ミラージュ
エンバーワイルドのカリフ/Emberwilde Caliph(イラスト)、ワイルドファイアの密使/Wildfire Emissaryカード名
未来予知
ナー島の領主/Shah of Naar Isle(イラスト)
プレインチェイス
ナー島/Naar Isle (次元カード)
一般名詞として
燎原の火/Wildfire(カード名)、血騎士/Blood Knightフレイバー・テキスト)、Mise(フレイバー・テキスト)

[編集] 登場作品

[編集] 登場記事

The Known MutliverseBrady Dommermuthによる次元解説。2008/3/19)

[編集] 訳語

「Wildfire」は、ミラージュワイルドファイアの密使/Wildfire Emissaryカード名で固有名詞として「ワイルドファイア」と翻訳されている。プレインチェイスナー島/Naar Isleでも次元タイプとして「ワイルドファイア」と訳を踏襲している。

ポータル・セカンドエイジ燎原の火/Wildfireのカード名、次元の混乱血騎士/Blood Knightフレイバー・テキストでは一般名詞として「燎原の火」と和訳。

[編集] 参考

QR Code.gif