ラヴニカへの回帰ブロック構築

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ラヴニカへの回帰ブロック構築/Return to Ravnica Block Constructedは、ラヴニカへの回帰ギルド門侵犯ドラゴンの迷路に含まれるカードのみでデッキを構築するフォーマット

目次

[編集] 概要

ショックランドサイクルギルド門サイクルの存在から、デッキは大半が多色デッキであり、3デッキも非常に多い。

環境の主流は、スフィンクスの啓示/Sphinx's Revelationを擁する青白コントロール系(白青黒緑白青青白赤)。至高の評決/Supreme Verdictアゾリウスの魔除け/Azorius Charm中略/Syncopateなどのコントロール手段が豊富に存在し、さらにフィニッシャー霊異種/AEtherling思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thoughtを持つ。中でも白青黒コントロールはトップメタとして活躍する。

ビートダウンデッキでは、緑白ビートダウンが有力。クリーチャーの質が高く、特にドラゴンの迷路で獲得したワームの到来/Advent of the Wurm復活の声/Voice of Resurgenceの存在は対コントロールで有効に機能する。そのほかのビートダウンでは、赤単赤白ビートダウンが存在している。

[編集] 禁止カード

禁止カードは存在しない。

[編集] 代表的なデッキ

[編集] ビートダウン

[編集] コントロール

[編集] 代表的な大会と優勝者の使用デッキ

[編集] 参考

QR Code.gif