ピーマの霊気予見者/Peema Aether-Seer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Peema Aether-Seer / ピーマの霊気予見者 (3)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

ピーマの霊気予見者が戦場に出たとき、あなたはあなたがコントロールするクリーチャーの中のパワーの最大値に等しい数の(E)(エネルギー・カウンター)を得る。
(E)(E)(E)を支払う:クリーチャー1体を対象とする。このターン、それは可能ならブロックする。

3/2

自身がコントロールしているクリーチャーパワーを参照してエネルギー・カウンターを得るCIP能力と、ブロック強制起動型能力を持つドルイド

これ自身のパワーによってエネルギー3つは約束されており、他に大型クリーチャーがいればそれ以上のエネルギーが見込める。強化呪文から続けて唱えることも有効で、能力を活かすためにあえて戦闘前メイン・フェイズに強化を使うプレイングもあり得るだろう。とはいえブロック強制能力はかなり地味なので別途何らかのエネルギーの使い道を用意しておきたい。例えば十分に強化した静電気式打撃体/Electrostatic Pummelerから繋げれば凄まじい量のエネルギーを得られ、そこからさらに能力を使用してオーバーキル気味なパンプアップが可能。

本体のマナ・コスト能力起動コストもやや重く、緑の4マナクリーチャーとしてはサイズも控えめなどアンコモンとしては少々地味な部類。だが厄介な能力を持つクリーチャーを無理やり落としにいけると考えれば悪くはない。攻めている状況で役立つ能力なので、リミテッドではアグレッシブなデッキで採用を検討したい。

[編集] 参考

QR Code.gif