ソフト・カウンター

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ソフト・カウンターとは、打ち消し呪文のうち何らかの制約が付いているものの通称。


Mana Leak / マナ漏出 (1)(青)
インスタント

呪文1つを対象とする。それのコントローラーが(3)を支払わないかぎり、それを打ち消す。



Annul / 無効 (青)
インスタント

アーティファクト呪文1つかエンチャント呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


ソフト・カウンターは以下の4種類に分かれる。

  1. 打ち消せる対象に条件が付いているもの
    無効/Annulアーティファクトエンチャントのみ)、反論/Gainsayの呪文のみ)など
  2. 打ち消し呪文を唱える側のプレイヤーが何らかの条件を満たす必要があるもの
    拒絶/Abjure(青のパーマネント生け贄に捧げる追加コストが必要)、分散の盾/Dispersal Shield(打ち消す呪文よりも大きい点数で見たマナ・コストのパーマネントをコントロールしている事が必要)など
  3. 打ち消される呪文のコントローラーに何らかの回避策が与えられているもの
    マナ漏出/Mana Leak((3)を支払う)、忘却の掌握/Grip of Amnesia墓地カード追放する)など
  4. 一時的に呪文を妨害するに留まるもの
    記憶の欠落/Memory Lapseライブラリーの一番上に置くためすぐに引かれる)、アーテイのおせっかい/Ertai's Meddling解決を数ターン遅らせるのみ)など

要するに、ハード・カウンターでない打ち消し呪文全般。

不確定カウンターと似ているが、少し異なる。確定カウンターの項も参照。

[編集] 参考

QR Code.gif