スカルガンのヘルカイト/Skarrgan Hellkite

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Skarrgan Hellkite / スカルガンのヘルカイト (3)(赤)(赤)
クリーチャー — ドラゴン(Dragon)

暴動(このクリーチャーは+1/+1カウンター1個か速攻のうち、あなたが選んだ1つを持った状態で戦場に出る。)
飛行
(3)(赤):クリーチャーやプレインズウォーカーやプレイヤー、合わせて1つか2つを対象とする。スカルガンのヘルカイトはそれらの2点のダメージをあなたが望むように分割して与える。スカルガンのヘルカイトの上に+1/+1カウンターが置かれているときにのみ起動できる。

4/4

暴動と条件付きの火力を放つ起動型能力を持つドラゴン

速攻を選べば、1マナ軽い火山のドラゴン/Volcanic DragonP/Tの強化を選べば、ほぼ5マナのシヴのヘルカイト/Shivan Hellkite。シヴのヘルカイトよりも起動型能力のコスト重い色拘束は薄い。全体的に非常に汎用性に優れており、クリーチャーの並べ合いならエンドカードでありながら、除去が豊富なコントロール相手なら速攻を持たせて潰しを効かせる事もできる。

スタンダードにおいては、登場時点はあまり注目されていなかったが環境終盤には再評価が進み、包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commanderから差し替わる形でグルール・ミッドレンジに採用されるようになった。詰めの4点を空からねじ込む役割があるほか、+1/+1カウンターを置いた場合はゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirlerとのコンボ用に採用されている席次+石像/Status+Statueとも噛み合うようになる。灯争大戦追加後は同マナ域に猪の祟神、イルハグ/Ilharg, the Raze-Boar主無き者、サルカン/Sarkhan the Masterlessなど強力なライバルが存在しつつも、環境に溢れるプレインズウォーカーに対する奇襲性の高さが評価されて一定数採用され続けている。

リミテッドでは文句なしのボム。このサイズを乗り越えるのは名演撃、ラクドス/Rakdos, the Showstopper程度。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカの献身神話レア単色クリーチャーサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif