クイントリウス・カンド/Quintorius Kand

提供:MTG Wiki

クイントリウスから転送)
移動: 案内, 検索

Quintorius Kand / クイントリウス・カンド (3)(赤)(白)
伝説のプレインズウォーカー — クイントリウス(Quintorius)

あなたが追放領域から呪文1つを唱えるたび、クイントリウス・カンドは各対戦相手にそれぞれ2点のダメージを与え、あなたは2点のライフを得る。
[+1]:赤白の3/2のスピリット(Spirit)・クリーチャー・トークン1体を生成する。
[-3]:発見4を行う。
[-6]:あなたの墓地にある望む枚数のカードを対象とする。それらを追放する。これにより追放されたカード1枚につき(赤)を加える。このターン、それらのカードをプレイしてもよい。

4

イクサラン:失われし洞窟で新たにプレインズウォーカーとして登場したクイントリウス。追放領域から呪文を唱えるとドレインを行う誘発型能力を持ち、忠誠度能力クリーチャートークン生成発見を行う、墓地カードを使用したマナ加速と再利用。

誘発型能力
追放領域から呪文を唱えるたび、各対戦相手へ2点のダメージを与え自分はライフを得られる。
衝動的ドローと相性が良い。
+1能力
ロアホールド大学/Lorehold Collegeのマスコットと同じ、赤白の3/2のスピリット・クリーチャー・トークンを生成する。
-3能力
発見4を行う。
忠誠度の消費は大きく無作為性が高いが、何らかのアドバンテージは確実に得られる。クイントリウスが残っているなら唱えればドレインのおまけがつく。
-6能力
追放した墓地のカードの枚数分の赤マナを加え、さらにそれらのカードをプレイできる。
炎の中の過去/Past in Flamesのような墓地再利用カードにありがちな、墓地は肥えているがコストの関係でアクションの数が限られるという欠点を補うマナ加速がついている。もちろんクイントリウスが残っていれば唱えるたびにドレインできるため、墓地に直接勝利に貢献するカードが無くてもフィニッシュ手段に成り得る。

追放領域からの呪文というテーマを持つプレインズウォーカー。能力は一応自己完結しているものの、発見能力の忠誠度消費は大きいため、ドレイン能力の誘発や墓地肥やしは他のカードに任せて+1能力を連打するような運用ができるデッキで使いたい。

登場時のスタンダードでは包囲戦当事者カードなど相性の良いカードが多く、また誘発条件が合致する復興の領事、ピア・ナラー/Pia Nalaar, Consul of Revivalを中心としたデッキも存在するため採用が期待できるだろう。

パイオニアにおいては、登場直後からこのカードを用いた発見デッキが考案されている。灯の分身/Spark Doubleなどのコピーカードを確実に発見できるようにして-3能力を連打、ドレインで勝利するというものである。

[編集] ルール

誘発型能力
  • ダメージを与えた対戦相手の数に関わらず、得られるライフは2点で固定である。
-6能力
  • この能力はマナを生み出すが対象をとり忠誠度能力であるためマナ能力ではない。スタックを使用し解決を待つ。
  • 追放領域から唱えられるだけで、呪文を唱えるタイミングやコストの支払いなどは通常のルールに従う。
  • 土地もプレイできる権利が残っていればプレイできる。ただ土地のプレイでは誘発型能力は誘発しないことに注意。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

ファイレクシア戦争プレインズウォーカー/Planeswalkerとして目覚めたクイントリウス・カンド/Quintorius Kand

太陽帝国/The Sun Empireファートリ/Huatliからオラーズカ/Orazcaの地下の遺跡の調査を依頼されイクサラン/Ixalanへ来訪する。

詳細はクイントリウス・カンド/Quintorius Kand (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif