エンバレス城/Castle Embereth

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Castle Embereth / エンバレス城
土地

あなたが山(Mountain)をコントロールしていないかぎり、エンバレス城はタップ状態で戦場に出る。
(T):(赤)を加える。
(1)(赤)(赤),(T):ターン終了時まで、あなたがコントロールしているクリーチャーは+1/+0の修整を受ける。


エルドレイン/Eldraineの城。全体パワー強化を行える。

アドバンテージに繋がりにくいが、アグロにおいてクリーチャーは残っているものの手札が切れた場面で数点でも上乗せできるメリットは小さくない。

登場時のスタンダード赤単アグロには採用に値する基本でない土地が存在せず、タップインしてテンポを損なうリスクはかなり小さいため、決まって数枚は採用される。災厄の行進/Cavalcade of Calamityの採用率が高く、それに伴った小粒を多く並べる戦術とシナジーするのも追い風。2色のアグロデッキでも採用するケースはしばしば見られる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エルドレインの王権の城サイクル。対応する基本土地タイプ土地コントロールしていないとタップインになる土地。1色のマナを生み出すマナ能力と、色マナ起動コストに含むタップ能力を持つ。稀少度レア

ストーリー上は、いずれもエルドレイン/Eldraine王国/The Realmの五つの宮廷それぞれの重要拠点であり、フレイバー・テキストには各宮廷が重視する美徳が謳われている。

[編集] ストーリー

エンバレス城/Castle Emberethは、エンバレス/Emberethの中心的施設(イラスト)。実態は城とは程遠く、地元の住人はこれを燃焦苑/The Burning Yardと呼ぶ。

競技場、訓練室、観覧席から成る大規模な複合トーナメント施設で、馬上槍試合など様々な競技を開催している。王国/The Realm中から騎士や騎士志願者がこの地を訪れ、自らの実力を試す。

[編集] 参考

QR Code.gif