のどかな農場/Idyllic Grange

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Idyllic Grange / のどかな農場
土地 — 平地(Plains)

((T):(白)を加える。)
あなたが他の平地(Plains)を3つ以上コントロールしていないかぎり、のどかな農場はタップ状態で戦場に出る。
のどかな農場がアンタップ状態で戦場に出たとき、あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。


エルドレインの王権コモン土地サイクルアンタップインできた場合に+1/+1カウンターを1つ置く。

最低でも4枚目以降の土地として出さなければいけないため、平地しか入っていない単色デッキですらタップインを余儀なくされてしまうことがしばしばあり、しかもタップインした場合は何の効果も得られないとリスキー。多色デッキとなると言わずもがなである。

この能力を活かせる、白の濃いクリーチャーデッキというと大抵はウィニーであり、タップインしてしまった場合のテンポの損失が大きく響くケースが多い。

構築におけるサイクル共通の問題として、同セットにこれを緩くした条件を持つアーデンベイル城/Castle Ardenvaleなどの城サイクルが存在しており、併用すると(あちらが基本土地タイプを持たないのもあって)それだけ不本意なタップインのリスクが高くなり、そしてどちらかを選ぶならローリスクな城サイクルの方が優先されがちである。

パイオニア以下で、太陽冠のヘリオッド/Heliod, Sun-Crowned歩行バリスタ/Walking Ballistaのサポートに使用される事がある。無限コンボの始動には歩行バリスタの上に+1/+1カウンターが2つ必要だが、このカードで1つ分=2マナを浮かせる事が可能。下準備がなくても毎ターン平地を出していれば、3ターン目に太陽冠のヘリオッド、4ターン目に歩行バリスタをX=1で唱えた後にこのカードを出すことでそのままコンボを開始できる。

リミテッドならピックできるかもわからないライバルを気にする必要はないが、特に2色で組む場合はやはりリスクが高く、基本土地より優先すべきかは考えものだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エルドレインの王権の、基本土地タイプを持つ基本でない土地サイクル。自身と同じ基本土地タイプの土地を3つ以上コントロールしていないとタップインになるが、代わりにアンタップインすると誘発するETB能力を持つ。稀少度コモン

Throne of Eldraine Release Notes/『エルドレインの王権』リリースノート」では、エルドレイン/Eldraine僻境/The Wildsの風景を描いたサイクルであるとされているが、公式記事「Planeswalker's Guide to Eldraine/プレインズウォーカーのためのエルドレイン案内」ではのどかな農場のイラスト王国/The Realmの節で使われており、齟齬が生じている。

[編集] 参考

QR Code.gif