4枚制限ルール

提供:MTG Wiki

2020年2月21日 (金) 18:56時点における126.32.59.30 (トーク) - whois による版
移動: 案内, 検索

4枚制限ルールfour-card limit"four-of" rule)は、総合ルールに定められているデッキ構築の制限の俗称である。

目次

ルール

構築デッキは、任意の枚数の基本土地カードと、特定の英語名ごとに4枚以下の基本土地以外のカードからなる。サイドボードを使用する場合、この制限はデッキとサイドボードをあわせた状態で適用される。

マジック・イベント規定では、フォーマット別の制約も定義されている。

  • 構築およびエターナルにおいて、特殊タイプとして基本を持っているか、あるいは文章にそう特に書いてあるカードを除いては、1人のプレイヤーのデッキサイドボードを合わせて、英語版のカード名に直して同名のカードは4枚までしか入れることができない。
  • 制限カードは1枚しか入れてはいけない。禁止カードは1枚も入れてはいけない。
  • 双頭巨人戦チーム戦の「共同デッキ構築規定」では、基本土地以外の、(英語版のカード名に直して)同名のカードは1人のデッキ(サイドボードも含む)にしか使用する事ができない。
    • このルールはワールド・マジック・カップ16大会ルール発表と同時に施行されたもの。旧ルールでは、「特殊タイプとして基本を持っているか、あるいは文章にそう特に書いてあるカードを除いては、チームの全プレイヤーのデッキとサイドボードを合わせて、英語版のカード名に直して同名のカードは4枚までしか入れることができない」であった。

リミテッドにはこの制限は存在しない。カードプールに同じカードが5枚以上ある場合には望むだけデッキやサイドボードに入れることができる。

  • 例えばコールドスナップのリミテッドでは、これを利用して波及を持つカードをかき集める戦略が存在する。(参考
  • 一方、七人の小人/Seven Dwarvesのようにカード自体に上限が設定されている場合、リミテッドであってもそれが適用される。
  • 仮にリミテッドでも4枚制限が適用された場合、大問題になる。リミテッドでは「メインデッキに入らなかったカードは自動的にすべてサイドボードになる」というルールであるため、同名カードを5枚以上ピックないし引き当ててしまうとデッキおよびサイドボードの構築条件を満たせなくなり、ゲームに参加できなくなってしまう。

4枚制限を無視するカード

七人の小人/Seven Dwarvesはデッキに7枚まで、それ以外は無制限に入れることができる。

その他

参考

引用:総合ルール 20211119.1

引用:総合ルール 20211119.1

QR Code.gif