Lord of Tresserhorn

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Lord of Tresserhorn (1)(青)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー — ゾンビ(Zombie)

Lord of Tresserhornが戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。あなたは2点のライフを失うとともにクリーチャーを2体生け贄に捧げ、そのプレイヤーはカードを2枚引く。
(黒):Lord of Tresserhornを再生する。

10/4

アライアンスで最大級のクリーチャーの1つ。それなりの除去耐性と2ターンゲームが終わるパワーは脅威。

4マナで10/4という極端なマナレシオだが、CIP能力での追加の反動が非常に大きいため、実際にはそれほど安価ではない。特に複数のクリーチャーを別に用意しておかないと、これ自身を生け贄に捧げるはめになる。

最も簡単な「準備」はもみ消し/Stifleだが、それならファイレクシアン・ドレッドノート/Phyrexian Dreadnoughtの方が遥かに軽いため、トーナメントレベルのギミックとはいえないだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

アライアンスレア2の3色カードサイクル。いずれも友好3色の組み合わせである。

[編集] ストーリー

Lord of Tresserhornトレッサーホーンの王)は、”雪解けの時”/The Thawリム=ドゥール/Lim-Dul不在のトレッサーホーン/Tresserhorn砦を支配する謎の男。Chaeska(チェスカ)を傍に置き、守備隊を従える。

砦を攻撃するストロームガルド騎士団/The Knights of Stromgald残党に対し籠城を続けていた。

その正体はチェスカによって作り出されたアンデッドの傀儡にすぎない。砦の“keeper(番人)”であるチェスカにはリム=ドゥールの代わりの新たな主が必要だったためである。

2954AR、砦を訪問したジョダー/Jodahに襲いかかるが返り討ちに遭って倒される。

[編集] 登場

[編集] 参考

QR Code.gif