高まる混乱/Increasing Confusion

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Increasing Confusion / 高まる混乱 (X)(青)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上からX枚のカードを自分の墓地に置く。高まる混乱が墓地から唱えられた場合、代わりにそのプレイヤーはその2倍のカードを自分の墓地に置く。
フラッシュバック(X)(青)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


の高まる呪文ライブラリー破壊

同じブロックには夢のよじれ/Dream Twistというフラッシュバックできるライブラリー破壊カードが既にあり(しかもあちらはインスタント)、小さなXでは効率が悪い。できるだけ大量のマナを使って唱えたい。

マナが用意できれば相応に強力。6マナ(X=5)からでも、フラッシュバックまで含めればこれ1枚で15枚も削れる。特にライブラリー枚数が少なめなリミテッドでは、長期戦に備えたデッキさえ組めればエンドカードになる。

  • 手札から唱える際にXをあえて0にして墓地に落とし、即座にフラッシュバックすることで、(X)()(青)でXの2倍の枚数ライブラリー削る呪文として使う手もある。相手のライブラリーが少ない時や、X枚では間に合わないが2倍なら削りきれる時など1ターン差を争う場合に有効。その際、呪文を合計2回唱えているのでついでに狼男変身も解ける。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

闇の隆盛の高まる呪文サイクル。いずれもレアフラッシュバックを持ち、墓地から唱えることで通常の2倍の効果を得られる。

[編集] 参考

QR Code.gif