遺棄地の恐怖/Horror of the Broken Lands

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Horror of the Broken Lands / 遺棄地の恐怖 (4)(黒)
クリーチャー — ホラー(Horror)

あなたが他のカードを1枚サイクリングするか捨てるたび、ターン終了時まで遺棄地の恐怖は+2/+1の修整を受ける。
サイクリング(黒)((黒),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)

4/4

ディスカード誘発型能力パンプアップし、自らもサイクリングを持つホラー

そのままでもシングルシンボル5マナ4/4で屑肉を引き裂くもの/Dreg Reaver上位互換といった性能。マナスクリューに陥ると困るこのマナ域でサイクリングを持つのもありがたく、黒マナが必要とはいえわずか1マナでサイクリングできるのも便利。またパンプアップ能力アモンケットに収録されている同種の他のカードに比べて強化幅が大きく、カードを3枚捨てるだけでパワー10に到達するのは驚異的。自身も軽いサイクリングを持つため、場合によっては2枚目以降のこのカードを1枚目のパンプアップのために費やすことも考えられる。

リミテッドではサイクリング付きで腐りづらい中堅戦力として、またサイクリングのシナジーを重視したデッキならばサイクリング要因兼フィニッシャーとしても働く優良コモン。特に強化幅の大きさからサイクリングをコンバット・トリックとして活用しやすい。構築でもディスカードのシナジーを重視したデッキならば採用され得るが、その場合はダブルシンボルながら素のパワーと飛行を持つ点で勝り対ビートダウンでは除去もできるイフニルの魔神/Archfiend of Ifnirと競合する。単体の爆発力ではこちらが勝るため、サイクリングの性質上併用することも考えられる。

モダンではアラーラ再誕の1マナサイクリング持ちクリーチャーよりサイズが大きいため、死せる生に採用される。たとえ死せる生/Living Endに辿り着けずとも、素出しされたこれが大量のサイクリング持ちクリーチャーでパンプアップされて一気にライフを削り取る第二の切り札となる。

[編集] 参考

QR Code.gif