表現の反復/Expressive Iteration

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Expressive Iteration / 表現の反復 (青)(赤)
ソーサリー

あなたのライブラリーの一番上からカード3枚を見る。それらのうち1枚をあなたの手札に加え、それらのうち1枚をあなたのライブラリーの一番下に置き、それらのうち1枚を追放する。このターン、あなたはその追放されたカードをプレイしてもよい。


カード濾過衝動的ドローが組み合わさったソーサリーが加わったことで、衝動的にライブラリーの一番上追放するのではなく、追放するカードや手札に加えるカードを3枚の中から選べることが大きな利点。

序盤は土地プレイする前に唱え、土地を追放してプレイ。中盤以降はそのターンに使える呪文を追放することで、実質2マナ2ドローと予言/Divination以上の効率でハンド・アドバンテージを稼げる。土地のプレイを考えると実際に使えるのは3ターン目以降となってくるが、めくった3枚に土地が含まれないパターンもあり、どのタイミングでプレイするかの判断が問われる。

登場後は様々な青赤系デッキでフォーマットを超えて活躍。

スタンダードではイゼット・ドラゴンジェスカイ変容などをメタゲーム上位に押し上げる原動力となった。

ヒストリックではイゼット・フェニックスに採用されている。最速3ターン目弧光のフェニックス/Arclight Phoenixには貢献しないが、手札を稼ぐ手段に乏しいデッキにおいて貴重なアドバンテージ獲得手段であり、4枚投入されることも多い。

モダンでは青赤系のクロック・パーミッションデッキ全般に広く採用される。

[編集] 参考

QR Code.gif