氷の橋、天戸/Tendo Ice Bridge

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tendo Ice Bridge / 氷の橋、天戸
土地

氷の橋、天戸は、その上に蓄積(charge)カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(T),氷の橋、天戸から蓄積カウンターを1個取り除く:あなたのマナ・プールに、好きな色のマナ1点を加える。


蓄積カウンターを使うあたり、ミラディンの核/Mirrodin's Coreを彷彿とさせる5色地形。また、好きな色マナを出せる回数に限りがあるという点では宝石鉱山/Gemstone Mineに通じている。

ミラディンの核/Mirrodin's Coreは最初は色マナは出せないが、こちらはすぐに色マナを出すことができる。しかし1回色マナを出したらそれっきりで、あとは無色マナしか出せない。なかなか微妙なバランスになっている。

土地バウンスと相性が良く、ムーンフォークとのシナジーを目指しているものと思われる。また、ラヴニカ・ブロックバウンスランドでも出し直しが利くので、蓄積カウンターの再利用は意外としやすい(→白けち)。

土地サーチ呪文が多いデッキなら、1度色マナを出せればそれで十分なのでこちらを使っても大丈夫だろう。けちコントロールなどでは曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirrorによる再利用も可能であり、4枚投入されることも珍しくなかった。

モダンではAmulet Comboで採用されている。

[編集] 参考

QR Code.gif