有象無象の発射/Fodder Launch

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Fodder Launch / 有象無象の発射 (3)(黒)
部族 ソーサリー — ゴブリン(Goblin)

有象無象の発射を唱えるための追加コストとして、ゴブリン(Goblin)を1つ生け贄に捧げる。
クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-5/-5の修整を受ける。有象無象の発射はそのクリーチャーのコントローラーに5点のダメージを与える。


ゴブリン1体という追加コストを代償とした高威力な除去カード・アドバンテージを失うものの、大きなマイナス修整と本体ダメージが優秀。

構築ではゴブリンデッキの除去兼ダメージ源として可能性はあるが、相手がクリーチャーコントロールしていなければダメージも与えられず、腐る危険もあるので注意。軽くて優良な除去も他に多いため、使われるかどうかは未知数といったところ。

リミテッドでは対象に困るという事は考えられず、生け贄用のゴブリンがいないという事も少ないため、極めて使いやすい除去であり、またエンドカードにもなりえる。

[編集] 参考

QR Code.gif