戦場の詩人、ファートリ/Huatli, Warrior Poet

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Huatli, Warrior Poet / 戦場の詩人、ファートリ (3)(赤)(白)
伝説のプレインズウォーカー — ファートリ(Huatli)

[+2]:あなたは、あなたがコントロールしているクリーチャーの中で最大のパワーに等しい点数のライフを得る。
[0]:トランプルを持つ緑の3/3の恐竜(Dinosaur)クリーチャー・トークンを1体生成する。
[-X]:望む数のクリーチャーを対象とする。戦場の詩人、ファートリはそれらに、X点のダメージをあなたの望むように分割して与える。このターン、これによりダメージを与えられたクリーチャーではブロックできない。

3

イクサランで登場した赤白プレインズウォーカー忠誠度能力ライフ回復トークン生成割り振り火力ブロック制限

+2能力
自軍クリーチャーパワーを参照してのライフ回復能力戦場に与える影響こそ皆無だが、忠誠度の上昇幅が大きく自分の延命もできるため、プレインズウォーカーというカードが得意とする長期戦に持ち込みやすくなる。自分のクリーチャーがいてこその能力だが、±0能力で自らクリーチャーを生み出せるため能力としてはある程度自己完結している。
±0能力
ウォー・マンモス/War Mammoth相当のトークンを生み出せる能力。忠誠度の消費なくこのスペックのトークンを生み出せるというのは赤白というの組み合わせからは破格と言える。自らのトークンにより膠着状態を生み出したあとはプラス能力でさらにゲームを引き伸ばすもよし、マイナス能力でゲームを決めるもよしと柔軟性に富んだこのカードの起点となる能力である。
-X能力
強盗/Mugging系列の、ブロック制限つき火力。消費する忠誠度に応じて割り振ることもできる。プラス能力と同様に自軍のクリーチャーがいてこその能力だが除去としても使えるため、±0能力との選択としては悪くない。戦場に出た瞬間にいきなり最大3体ものブロッカーが排除できるため、奇襲的なフィニッシャーとしてもその後の見えている脅威としても戦場に圧力を与えることができる。この能力をいかに上手く使えるかでカードの強さ自体が変わりうるだろう。

0能力から入ることでプラス能力・マイナス能力のどちらも活かすことができるが、やはりクリーチャーをふんだんに投入したデッキでこそ全ての選択肢が活きてくる。本体が少々重いが、他のクリーチャーの展開を優先するのであればマナカーブ的にも無理はなくなるだろう。

  • 自身の持つと全く関係ない色を持つトークンを生み出す、史上初のプレインズウォーカー。

[編集] ルール

+2能力
  • 最大のパワーの値は、能力解決時に参照される。
  • 最大のパワーの値が負の数であったなら、何も起こらない。その分のライフを失うことはない。
-X能力

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

ファートリ/Huatliイクサラン/Ixalan出身の人間プレインズウォーカー/Planeswalker太陽帝国/The Sun Empire恐竜騎士。伝説のオラーズカ/Orazcaと思われる黄金色の都市を幻視し、それを見つけ出すための旅に出た。

詳細はファートリ/Huatliを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif