意趣返し/Settle the Score

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Settle the Score / 意趣返し (2)(黒)(黒)
ソーサリー

クリーチャー1体を対象とし、それを追放する。あなたがコントロールしているプレインズウォーカー1体の上に忠誠(loyalty)カウンターを2個置く。


追放型の単体除去呪文プレインズウォーカー忠誠カウンターを置くおまけ付き。

対戦相手アタッカーを減らしつつ忠誠度を上げられるため、プレインズウォーカーとの相性は抜群。一方で4マナ重い上にソーサリーであるため、単体除去としては取り回しの悪い面もある。

リミテッドではプレインズウォーカーと共存できる確率は低いものの、除去効果だけで十分に強力。スタンダードではヴラスカの侮辱/Vraska's Contemptという大きなライバルがいるため、使うなら忠誠カウンターを置く効果を活かしたい。

  • 「settle the score」は「仕返しをする、恨みを晴らす」といった意味の成句。日本語訳の「意趣返し」もほぼ同じ意味。

[編集] ルール

  • 対象に取るクリーチャーは意趣返しを唱える際に選ぶ。適正な対象がなければ唱えることはできない。
  • 忠誠カウンターを置くプレインズウォーカーは意趣返しの解決時に選ぶ。解決時にあなたがプレインズウォーカーをコントロールしていないなら、忠誠カウンターを置く処理は無視する。
  • 2個の忠誠カウンターは同じプレインズウォーカーに置かなければならない。
  • 解決前にそのクリーチャーが不正な対象になったなら、呪文自体が解決されず(立ち消え)、忠誠カウンターを置くこともできない。

[編集] ストーリー

ドミナリア注目のストーリーの3枚目。

陰謀団/The Cabal要塞/Strongholdに潜入したギデオン/Gideonは宝物庫から盗み出した黒き剣/Blackbladeを手に、ベルゼンロック/Belzenlokの前に立ちはだかる。合流したリリアナ/Lilianaがベルゼンロックを挑発し、その隙にギデオンは黒き剣を彼の腿に突き刺した。リリアナがその柄を握ると、剣が生命力を吸収し、ベルゼンロックは白い肉塊と化して崩れ落ちた(イラスト[1]

「お前は私と、死によってしか解消できない契約を結んだじゃないの。私が間抜けだと思っていたのかしら?」
リリアナ・ヴェス

[編集] 脚注

  1. Return to Dominaria: Episode 12/ドミナリアへの帰還 第12話(Magic Story 2018年5月30日 Martha Wells著)

[編集] 参考

QR Code.gif