恐怖の劇場/Theater of Horrors

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Theater of Horrors / 恐怖の劇場 (1)(黒)(赤)
エンチャント

あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。
あなたのターンの間、このターンに対戦相手がライフを失っていたなら、あなたは恐怖の劇場によって追放されているカードをプレイしてもよい。
(3)(赤):対戦相手1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。恐怖の劇場はそれに1点のダメージを与える。


未評価カードです
このカード「恐怖の劇場/Theater of Horrors」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。

[編集] ルール

追放されたカードプレイする能力の基本的なルールについては衝動的ドロー#ルールを参照。

  • プレイできるカードはそのターンに追放されたカードに限らない。
  • ダメージライフ失わせる。
  • このターンの間に対戦相手がライフを失っていても、恐怖の劇場が戦場を離れた時点で追放されたカードをプレイすることはできなくなる。
  • 恐怖の劇場が一度戦場を離れたら、それによって追放されたカードはもうプレイできない。新しい恐怖の劇場が戦場に出ても、以前の恐怖の劇場で追放されたカードはプレイできない。
  • 呪文が適正に唱えられるのなら(CR:601.2e)、残りの手順で恐怖の劇場が戦場を離れてもその呪文を唱えることができる。例えば、追放されている最後の支払い/Final Paymentは恐怖の劇場を追加コストとして生け贄に捧げて唱えることができる。

[編集] 参考

QR Code.gif