奈落の総ざらい/Empty the Pits

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Empty the Pits / 奈落の総ざらい (X)(X)(黒)(黒)(黒)(黒)
インスタント

探査(この呪文を唱える段階であなたがあなたの墓地から追放した各カードは、(1)を支払う。)
黒の2/2のゾンビ(Zombie)・クリーチャー・トークンをX体、タップ状態で生成する。


ゾンビクリーチャートークンを大量に生み出す探査呪文。しかしそのマナ・コストは、クァドラプルシンボルXが2つと、前代未聞の重さを誇る。

探査があるといっても、クァドラプルシンボルXが2つという重さはいかんともしがたい。まともに運用しようと思えば、黒単色デッキに近い勢いの黒マナ基盤は最低限必要となる上、他の探査呪文との相性も悪いので、デッキ構築段階でかなり気を使う必要がある。

大量のクリーチャーを展開する呪文には珍しくインスタントなので、対戦相手終了ステップ唱えることでこの手のカードの鬼門であるソーサリー全体除去を回避して一撃を加えることが可能であり、Xの値を十分取れるなら1ショットキルによるエンドカードとしての運用も可能。ただし効果自体はあくまでバニラの2/2の大量展開に過ぎないため、ブロッカーを押し切って1ショットキルを狙えるほどのXの値となると、墓地肥やしエンジンを含めて相当な前準備が必要となる。当然一撃で仕留めない限り全体除去などの返しが待っている可能性が高く、主軸に据えて運用する場合にはなかなかに課題が多い。

過度なXを狙わなければそれなりに現実的なコストに収まるので(例えば5マナあれば、墓地のカード5枚でX=3、7枚でX=4)、黒が濃いアグロコントロールなら、中盤以降に自然に貯まった墓地と余ったマナでの運用も考えられる。前述のようにインスタント・タイミングで使えるので奇襲性は高く、息切れ防止や最後の一押しとしての信頼性はそれなりに高い。ただしこの運用でも他の探査呪文との併用が困難なことには変わりないので、取捨選択が必要になってくる。

モダン青黒ライブラリーアウトでは、対戦相手の引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn神聖の力線/Leyline of Sanctityによってライブラリーアウトによる勝利が不可能になった場合に、自分対象に取れるライブラリー破壊呪文で自分の墓地を肥やし、このカードでビートダウンをするというサブプランを取ることもできる。

[編集] 参考

QR Code.gif