古術師/Archaeomancer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Archaeomancer / 古術師 (2)(青)(青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

古術師が戦場に出たとき、あなたの墓地にあるインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚を対象とし、それをあなたの手札に戻す。

1/2

思い起こし/Call to MindETB能力つきクリーチャー

サイズ記憶の壁/Mnemonic Wallイゼットの時術師/Izzet Chronarchの中間。 そのため、ブロッカーとしてもアタッカーとしても中途半端なのが難点だが、それらよりも1マナ軽いのは利点。

リミテッドでは除去を再利用できるので有用。構築だと、単に呪文を再利用するだけなら瞬唱の魔道士/Snapcaster Mageが優秀であるため、採用は厳しい。手札戻ることを活かしたコンボデッキなら居場所があるだろう。繰り返し明滅できるようなデッキであれば、使い切りになってしまうフラッシュバックよりも優れている。

Pauperでは幽霊のゆらめき/Ghostly Flickerを使ったコンボデッキで採用されることがある。8postFamiliar Comboでは使い魔を使うことによりマナ・コスト重さが気にならないため記憶の壁の方が優先されあまり使われなかったが、使い魔を使わないドレイク・フリッカーでは軽さを重視してこちらの採用することが多くなっている

[編集] 参考

QR Code.gif