初期対応/First Response

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

First Response / 初期対応 (3)(白)
エンチャント

各アップキープの開始時に、直前のターンにあなたがライフを失っていた場合、白の1/1の兵士(Soldier)クリーチャー・トークンを1体生成する。


ライフ失った次のターンアップキープに1/1の兵士トークンを出すエンチャントプレイヤーへの被害に対応して兵士が駆けつけてくるというデザイン。

考えなしに使っては置物になりやすいため、別のカードとのシナジーによって積極的に利用していきたい。

最も手軽で確実な相棒は基本セット2015再録された各種ペインランドだろう。毎ターントークンを生み出すのが容易になり、スロットを割かずにデッキに投入できる点も便利。多色デッキなら追加でマナの合流点/Mana Confluenceも採用するとよい。また、環境が許すなら魂の管理人/Soul Wardenなどで失ったライフを補填できると文句なし。

統率者戦のような多人数戦では、アップキープの数が対戦相手の数だけ増えるため、自分のターンが回ってくるまでに複数のトークンを展開することもできる。

リミテッドでは積極的にライフを減らす方法を確保しづらいため、純粋に対戦相手からのダメージに頼らざるを得ないことが多い。隊長の号令/Captain's Callを考慮すると最低限3体程度は出したいところだが、不安定なので採用の際はよく熟考したい。

[編集] 開発秘話

当初は2マナで、ルール文章は「各終了ステップの開始時に、このターンにあなたがライフを失っていた場合~」だったが、マナの合流点との組み合わせによって苦花/Bitterblossomも同然の働きをしていたため、3マナに調整された。後に基本セット2015の多色地形対抗色M10ランドからペインランドに変更されたため[1]、もう1マナ重い4マナに引き上げられた。さらにタルキール覇王譚包囲サイ/Siege Rhinoトランプルが与えられるなど、万一このカードが強すぎてもスタンダード環境を支配することのないよう、多くの調整が行われた[2]

[編集] 脚注

  1. Making Mana/マナを作るということDaily MTG、Latest Developments、文:Sam Stoddard、訳:益山拓也
  2. The Pillar That Never Was/現れなかった柱(同上)

[編集] 参考

QR Code.gif