ペンタバス/Pentavus

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Pentavus / ペンタバス (7)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

ペンタバスは、5個の+1/+1カウンターが置かれた状態で戦場に出る。
(1),ペンタバスの上から+1/+1カウンターを1個取り除く:飛行を持つ無色の1/1のペンタバイト(Pentavite)・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成する。
(1),ペンタバイトを1個生け贄に捧げる:ペンタバスの上に+1/+1カウンターを1個置く。

0/0

テトラバス/Tetravus飛行機械隊/Thopter Squadronリメイク品。

能力は飛行機械隊に近いが、「カウンタートークンのやり取りをインスタント・タイミングで行える」「本体は飛行を持たない」と微妙に違う。

トークンはチャンプブロック要員として最適。4マナあればクリーチャー5体をブロックすることができるが、生き残るには8マナ必要。

マナの残響/Mana Echoesがあると無限マナ倍増の季節/Doubling Seasonアシュノッドの供犠台/Ashnod's Altarの組み合わせならば無限トークン無限強化、無限マナ。その他、コンボを作ることのできるカードは数多くある。

ゴブリンの溶接工/Goblin Welderの能力の起動に必要なアーティファクトをトークンで補えるため、エクステンデッドティンカー・スタックスヴィンテージスタックスで活用された。特に、精神隷属器/Mindslaver回収するループが凶悪。だがヴィンテージではトリスケラバス/Triskelavus登場後はそちらに取って代わられることが多くなった。

  • カード名の由来は5を意味する接頭語「ペンタ」。ちなみにアメリカ合衆国国防総省はペンタゴン。こちらは五角形。
  • 6/6ならヘキサバス、7/7ならヘプタバスとか言うのだろうか。十二足獣/Dodecapodなんかは和訳されてるのに。
  • ペンタバイトトークンの画像はこちら
  • もともとデザインチームはミラディンにテトラバスを再録しようとしていたが、テトラバスにはトークンがオーラエンチャントできないなどのややこしい点があったため、リメイクのペンタバスが作られミラディンに収録された。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif