ターボオアリム

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ターボオアリム(Turbo Orim)は、帰ってきたターボアベイヤンスとも表されるロック系デッキの一つで、「ターボ・チャント」とも呼ばれる。吠えたける鉱山/Howling Mineにより多くのカード引きオアリムの詠唱/Orim's Chant復習/Relearn回想/Recallにより毎ターン唱えて対戦相手の行動を阻害する。


Howling Mine / 吠えたける鉱山 (2)
アーティファクト

各プレイヤーのドロー・ステップの開始時に、吠えたける鉱山がアンタップ状態である場合、そのプレイヤーは追加のカードを1枚引く。



Orim's Chant / オアリムの詠唱 (白)
インスタント

キッカー(白)(あなたがこの呪文を唱えるに際し、あなたは追加の(白)を支払ってもよい。)
プレイヤー1人を対象とする。このターン、そのプレイヤーは呪文を唱えられない。
この呪文がキッカーされていたなら、このターン、クリーチャーは攻撃できない。



Relearn / 復習 (1)(青)(青)
ソーサリー

あなたの墓地にあるインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚を対象とし、それをあなたの手札に戻す。


中断/Abeyanceと違い、クリーチャー攻撃も防止できるのが強み。勝ち手段は石臼/Millstoneなどによるライブラリー破壊が一般的だが、何かフィニッシャーを入れる場合もある。

復習や回想を使うタイプは、スタンダードの存在時期の関係上2か月程度しか作ることができなかった。

その後、オデッセイ登場後には、を足して総体の知識/Holistic Wisdom郷愁的な夢/Nostalgic Dreamsを用いるタイプに移行した。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (1)
1 秘教の処罰者/Mystic Enforcer
呪文 (35)
4 現実の修正/Alter Reality
2 先祖からの貢ぎ物/Ancestral Tribute
3 緑の防御円/Circle of Protection: Green
2 赤の防御円/Circle of Protection: Red
2 たい肥/Compost
4 対抗呪文/Counterspell
4 吠えたける鉱山/Howling Mine
2 石臼/Millstone
3 郷愁的な夢/Nostalgic Dreams
4 オアリムの詠唱/Orim's Chant
1 心の傷跡/Traumatize
4 神の怒り/Wrath of God
土地 (24)
4 低木林地/Brushland
4 沿岸の塔/Coastal Tower
3 森/Forest
4 島/Island
3 広漠なるスカイクラウド/Skycloud Expanse
2 トリーヴァの廃墟/Treva's Ruins
4 ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast
サイドボード
4 霊気の噴出/AEther Burst
2 偏向/Deflection
4 解呪/Disenchant
3 反論/Gainsay
1 総くずれ/Rout
1 洗い流し/Wash Out

[編集] 参考

QR Code.gif