ソンバーワルドの賢者/Somberwald Sage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Somberwald Sage / ソンバーワルドの賢者 (2)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) ドルイド(Druid)

(T):好きな色1色のマナ3点を加える。このマナは、クリーチャー呪文を唱えるためにのみ使用できる。

0/1

金粉の水蓮/Gilded Lotus内蔵のマナ・クリーチャー。ただしそのマナクリーチャー呪文にしか使えない。

単体でも最速4ターン目、他のマナ加速手段と併用すれば大体3ターン目からフィニッシャー級のクリーチャーがボコボコと沸いてくる。もちろん手札の引きにも左右されるが3マナものマナ加速は盤面を制圧するには十分。クリーチャーを中心としたビッグ・マナデッキでの使用が適している。

一方パワータフネスは0/1と悲惨なもので最低限の戦闘要員にすらならない。生み出すマナがクリーチャー呪文用に限られるため、極楽鳥/Birds of Paradiseなどのように自身で加速したマナでオーラ装備品をつけて殴るという使い方も難しく、手札に他のクリーチャーを握っていない限りほぼ置物と化す。従ってこれを有効に使うためには重量級のクリーチャーを多目に採用したいが、そういったクリーチャーばかりの構成にするとソンバーワルドの賢者を引けなかった時に機能不全に陥る。デッキ構築段階で注意が必要と言えるだろう。

またマナ・クリーチャーの常として優先的に除去の標的にされてしまうため、奉仕へのいざない/Call to Serveドルイドの使い魔/Druid's Familiarとの結魂など、何かしらの防護手段は用意しておきたい。

[編集] 参考

QR Code.gif