カヴー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

カヴー/Kavuとはクリーチャー・タイプの1つ。マジックオリジナルのトカゲ型のクリーチャーである。


Flametongue Kavu / 火炎舌のカヴー (3)(赤)
クリーチャー — カヴー(Kavu)

火炎舌のカヴーが戦場に出たとき、クリーチャー1体を対象とする。火炎舌のカヴーは、それに4点のダメージを与える。

4/2


Kavu Titan / カヴーのタイタン (1)(緑)
クリーチャー — カヴー(Kavu)

キッカー(2)(緑)(あなたがこの呪文を唱えるに際し、あなたは追加の(2)(緑)を支払ってもよい。)
カヴーのタイタンがキッカーされていた場合、それはその上に+1/+1カウンターが3個置かれた状態で戦場に出るとともに、トランプルを持つ。

2/2


Kavu Chameleon / カヴーのカメレオン (3)(緑)(緑)
クリーチャー — カヴー(Kavu)

この呪文は打ち消されない。
(緑):ターン終了時まで、カヴーのカメレオンはあなたが選んだ1色の色になる。

4/4

初出はインベイジョン・ブロック時のらせんブロックドミナリアにも再登場した。

多くはで、に少数と、には多色のものが1体いる。どちらかというと大型クリーチャーが多く、他のブロックにおけるビーストのようなものだと思えばよい。

部族カードはカヴーの中ではカヴーの王者/Kavu Monarchボス・カヴー/Alpha Kavu吠えるカヴー/Kavu Howlerカヴーのやっかいもの/Kavu Maulerがおり、他には沿岸のドレイク/Coastal Drake、そしてプロテクション(カヴー)を持つ海辺の略奪者/Shoreline Raiderがある。

カヴー・トークンを出すカードには暗影のカヴー/Penumbra Kavuがある。

[編集] ストーリー

ファイレクシア/Phyrexiaの侵略に対抗するべく、ドミナリア/Dominariaの地母神ガイア/Gaeaが生み出したトカゲ型の戦闘種族。単独でもファイレクシア人に対する心強い味方であり、時にラノワール/Llanowarエルフ達の乗騎としても活躍した(→鉄葉の聖騎士/Steel Leaf Paladin)。しかし食物連鎖で言えばドレイクの下に位置し、捕食される側のようだ。さすが、ガイアはそうそう生態系を破壊したりはしないらしい。

カヴーにとっては、ファイレクシア人など歯ごたえのあるおやつでしかない。

ファイレクシアとの戦争が終結した後も生き残っており、すっかりドミナリアの固有種族として定着している模様。ストーリーでは燃え立つ舌のカヴーボガーダン/Bogardanに生息しているのが確認できる[1]ラノワール/Llanowarのエルフとの共存は続いており、より強固な絆を形成しているようだ。

ラノワールのエルフとカヴーの結びつきは両方に力を与える。

[編集] 参考

  1. Return to Dominaria: Episode 4/ドミナリアへの帰還 第4話(Magic Story 2018年4月4日 Martha Wells著)
QR Code.gif