見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Shrine of the Forsaken Gods / 見捨てられた神々の神殿
土地

(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(T):あなたのマナ・プールに(◇)(◇)を加える。このマナは、無色の呪文を唱えるためにのみ使用できる。この能力は、あなたが7つ以上の土地をコントロールしているときにのみ起動できる。


無色カード用の土地。7つ以上の土地をコントロールしていると2マナ生み出すことができる。

邪神の寺院/Temple of the False Godエルドラージの寺院/Eldrazi Templeと似た性能だが、それらと比べて2マナを生み出すための条件が厳しいのが難点。とは言え、そのままでもアンタップイン無色マナを生み出せる上、そのマナは使用制限もないのでデッキに採用しやすい。土地が7枚もある状況でさらにマナ加速する必要は通常あまりないが、戦乱のゼンディカー・ブロックには絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hungerを始めとした重量級エルドラージが収録されているため、それらをフィニッシャーにしたエルドラージ・ランプに採用されている。また、霊気池の驚異でも3色デッキにもかかわらず、1枚挿しされることが多い。これは主に手札に来てしまった絶え間ない飢餓、ウラモグを1ターン早く唱えるためである。

エキスパンションには別の無色用の土地として、ウギンの聖域/Sanctum of Uginも収録されている。デッキの方向性に合わせて取捨選択したい。

マーフォークがウーラ、エメリア、コーシと呼び崇めていた三神は、実際にはウラモグ、エムラクール、コジレックという三大エルドラージの誤った記憶でしかなかった。

[編集] 参考

QR Code.gif